また交野山へ
2012/11/27

ちょこっと散歩のつもりが、ちょっとした山歩きになってしまった。車で出たついでに天気もいいし近所の紅葉でも観に行こうと20分ほど北に走る。何度も行っている交野山、駐車場には車も少ない。望遠レンズを付けた立派なカメラが何台か並んでいて、年金生活者とおぼしき人たちが数名。「何を撮っているんですか」と尋ねると、「野鳥ですわ、ウソがいまして」とか。

ゴルフ場の駐車場に車を置けば交野山への登りはわずか5分、山の東側は人工の世界だが、西側は森林公園として里山の保存がされている。こちらも人手が入っていることに変わりはないが、ずいぶんと違う世界である。

森林公園にはいくつもの遊歩道がある。南端の駐車場から環状自然歩道を20分ほどで達する交野山てっぺんの大岩の上からお馴染みの京阪奈一望を楽しんだ後、遠回りで戻ることにする。いったん西に沢沿いに下る道には石仏の道という名前が付けられている。その名のとおり、石仏を刻んだ2つの巨石があった。いつも往復するだけだったから、寄り道も楽しい。

戻りは尾根筋のさえずりの道というコースを辿る。いっぺん下って登り直したわけで、2時間ほどの軽いトレーニングといったところか。寒い日だったけど、駐車場に戻る頃には少し汗ばむぐらいとなる。バードウォッチングの人たちは、カメラを並べたまま車で休憩のようす、じっと待つというのもなかなか大変そう。 山の楽しみ方もいろいろだ。

ジャンルのトップメニューに戻る
inserted by FC2 system