小泉和裕/大阪センチュリー交響楽団定期 ~ 仰天、和太鼓ひとり舞台
2005/11/15

私の大好きなチャイコフスキーの第1交響曲、それがメインに据えられた定期演奏会なので、いつもの大阪フィルの定期はパス、こちらに行く。でも、終わってみれば、これは林英哲さんの和太鼓を聴きに行ったようなものだった。すごいや、これが目玉だった。このオーケストラの定期演奏会にしては客席の入りがよかったのも、ソリストの人気なのかも知れない。

R.コルサコフ:スペイン奇想曲
 松下功:和太鼓協奏曲「飛天遊」
 チャイコフスキー:交響曲第1番「冬の日の幻想」

スペイン奇想曲は興味もないし、私は二曲目以降に備えて体力温存、そして、「飛天遊」。舞台中央に和太鼓が奏者を取り囲むようにずらっと並びます。1000円席でも2階正面奥なので良心的な配席だ。よく見える。

はじめ思ったような、パフォーマンスという言葉で片付けられるような代物ではなかった。多彩な奏法のバリエーション、ダイナミックレンジの広さ、拍子記号では記述困難と思われるリズムの融通無碍さ、感覚に直接訴えかけるプリミティブさと洗練を併せ持ったような響き。海外でも高く評価されているのも判るような気がする。ケント・ナガノ指揮のベルリンフィルでも同じソリストで演奏されたとか。

もちろん協奏曲なので、オーケストラもあるのだが、この曲では引き立て役という感じ。かなり長めの曲、曲想の変化、彩りを付けていくというところか。

林英哲さんは"佐渡の國・鬼太鼓座(おんでこざ)"の創設メンバーのようで、ずっと昔、この一座の公演を聴く機会があったのに、興味がなくてパスしてしまったことを想い出した。残念なことをしたものだ。

さて、もともとのお目当てだったチャイコフスキーは不発、がっかり。まあ、和太鼓で得をしたから、よしとしよう。

小泉和裕さんはチャイコフスキーを得意としているようだが、どうも私にはピンと来ない。淡々とあっさり進むチャイコフスキーという印象。後期の作品なら、こんなアプローチでも良さは出せると思うのだが、この曲では無理。構成の弱さが目立ってしまう。もっと粘らないと味が出ない。これは、各ソロパートが思い切り歌ってなんぼの曲だと思う。それがさっさと進むと、なあーんだこりゃ、になってしまう。せっかくこの曲をメインピースに据えたのに。

冒頭の木管からしてメロディの歌い方が素っ気ない。情緒溢れる第二楽章だって朗々とホルンが歌わないと魅力半減どころか…。終楽章のセカセカした演奏もちょっといただけない。

でも、まあいいか。和太鼓に免じて。入場料1000円しか払っていないのだから。

ジャンルのトップメニューに戻る
inserted by FC2 system