あいちトリエンナーレ「ホフマン物語」 ~ 三者三様、妍を競う
2010/9/18

近鉄アーバンライナーに乗って名古屋に向かう。ここでは前に熱中症になりかけたことがあるので警戒していたが、気温は高いものの日差しはようやく秋だ。愛知県芸術劇場での「ホフマン物語」2回公演の初日、何と、チケットは完売になっている。

ホフマン:アルトゥーロ・チャコン=クルス
 ミューズ/ニクラウス:加賀ひとみ
 リンドルフ/コッペリウス/ミラクル博士/
    ダペルトゥット:カルロ・コロンバーラ
 オランピア:幸田浩子
 アントニア:砂川涼子
 ジュリエッタ:中嶋彰子
 スパランツァーニ:晴 雅彦
 クレスペル:松下雅人
 シュレーミル/ヘルマン:森口賢二
 アンドレ/フランツ:西垣俊朗
 コシュニーユ/ピティキナッチョ:宮崎智永
 ルーテル:三戸大久
 ナタナエル:村上敏明
 アントニアの母:谷田育代
 ステッラ:手嶋仁美
 合唱:AC合唱団
 合唱指揮:大島義彰
 管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団
 指揮:アッシャー・フィッシュ
 演出:粟國 淳
 美術:横田あつみ
 照明:笠原俊幸
 衣裳デザイン:アレッサンドロ・チャンマルーギ
 衣裳:下斗米雪子

久しぶりに手をかけカネをかけた国内制作オペラを観た気がする。一見して判る舞台の造りや衣装への予算の多さだけでなく、キャストの揃え方、演奏の質にもそれが現れている。海外勢はともかく、ホフマンの三人の恋人たちもオーディションで決めたらしい。そしてこの人選である。填り役と誰しも思うだろうし、ホフマン役は未知数ながら上演の質は予想できるものだ。

幸田浩子さんのオリンピア、ボンデージファッションのように締め付けた衣装で歌うのは、かなり苦しいのではと想像するが、声の強弱のコントロールも見事で安定した歌唱である。機械人形役ということで普通は突っ立ったままということが多いのだが、この演出では舞台の上をよく移動するしホフマンとのからみもある。それをぎくしゃくした動きでやらないといけないので、大変だとは思うが、楽しんでやっているようで、演技にも歌唱にも余裕が感じられる。

砂川涼子さんのアントニアが一番の驚きである。過去にこの役を歌ったときを聴いていないので比較はできないが、久しぶりに彼女を聴くと、ずいぶん声に厚みが加わった印象だ。繊細な美声はそのままに、声の奥行きが加わり情感が濃くなっている。まさにアントニアにはうってつけであり、こういう声で歌ってほしいという理想像に近い。3年ほど前の「ホフマン物語」でこの役を歌ったインヴァ・ムーラを思い出させる。

中嶋彰子さんのジュリエッタは貫禄充分である。ホフマンを手玉にとる役どころそのままに、チャコン=クルスを圧倒する勢いだ。この人の発散するオーラは舞台人には必須のものだが、なかなか得難い能力でもある。声楽的には三人の中では華々しいところが少ない役なのに、どうしてどうして、大した存在感である。

三者三様に恋人役の個性が発揮された見事な歌唱と対比すると、全幕の狂言回しとなる三人、ホフマン、ニクラウス(ミューズ)、リンドルフ(コッペリウス/ミラクル博士/ダペルトゥット)については、それぞれ程度の差こそあれ問題含みだ。

三人の中ではカルロ・コロンバーナが水準として抜けている。唯一の独立したピースであるダイヤモンドの歌で力みを感じたりと、第三幕で少し息切れ感があったが、プロローグから第二幕に至るまではこの人が舞台を引き締めたと言って過言でない。声の豊かさと悪魔的キャラクターとしての舞台上での存在感、今回たくさんのフランス語の台詞を覚えるのに苦労したと仄聞するが、プロンプターのお世話になりつつそれを感じさせないあたりは流石である。

加賀ひとみさんのニクラウスは安定感に欠けるところが見られた。プロローグ冒頭の歌では地声が混じるような響きの悪さを感じて先行き不安になったが、幕が進むにつれて持ち直してきた。問題なくアンサンブルをこなしているので安心すると、また不安定さを覗かせるところもある。思いのほか重要な役どころであるだけに惜しい。

題名役のチャコン=クルス、不思議な歌い手である。力強く輝かしい高音のアクートがあるのに、その手前の音域がさっぱりだ。その逆のテノールはざらにいるのに、こんな人は珍しい。一発決める高音はオペラの醍醐味であるけれど、オペラ総体としてはテノールの最も美しく響かせてほしい中~高音域の声に魅力がないと。あるところから上がテノール、下がハイバリトンといった感じの声質とも言える。もともこんな声なのか、テノールの中音域を失ったのか、オペラの中ではこのレンジの声が多用されるのが当たり前で、時間としても遙かに長いのだから、そこに問題があると聴く側としては楽しめなくなる。だんだんとマシになっていったとはいえ、最後まで気になって仕方がなかった。

プロローグの酒場でのコーラス、その他大勢のはずなのに一人素晴らしいテノールがいると思ったら、村上敏明さんだった。ナタナエルという端役での出演、あとでプログラムを見るとホフマンのアンダーだということ。チャコン=クルスに欠けているテノールの声はこの人が持っている。こちらのほうで聴いてみたい。

アッシャー・フィッシュ指揮の名古屋フィル、ときに各パートのバランスの悪さを感じるところはあったが、活気のある演奏である。コーラスも端々に不揃いはあるものの、オーケストラ同様に元気がある。バックを務める部隊としてはまずまず満足のいく水準か。

四面の舞台機構をうまく活かした演出である。プロローグ、エピローグでは舞台奥のピアノに座るホフマン、そこに上手からスライドする酒場のセット、そして第1幕の巨大な時計盤を模したオリンピアの舞台が奥から迫り出してくる。時計盤には大きな歯車が回り、これが二層の周り舞台になっていてオリンピアはエレベータで上下する。アントニアの幕はこの回り舞台の裏面に設える。母親の肖像画がドラマに合わせて死相に変化するなど芸が細かい。ジュリエッタの幕ではこの円盤状の上層にゴンドラ、下段は娼館という構造に変わる。三幕共通の大道具だが、経費節減という感じはなく、それぞれに立派である。こういうファンタジーものは貧相な舞台じゃ満足できない。初めて観た「ホフマン物語」の舞台がメットの絢爛たるオットー・シェンク演出というのも良し悪しである。

あいちトリエンナーレ2010、キャッチコピーが、「都市とアートが響き合う、3年に一度の国際芸術祭。現代美術と舞台公演、世界の最先端が集結します」とある。この公演も主要イベントの一つで、億単位の予算が投じられたらしい。行政が関わる事業だけに、首長選の結果次第では今後どうなるかも判らないところがあるが、次もあることを祈りたい。

ジャンルのトップメニューに戻る
inserted by FC2 system