名古屋の「ルチア」 ~ キャストを揃えても…
2012/9/17

きっと天王山になると前売券を買っておいたナゴヤドームの読売戦、東北での3連勝を逃した試合が潮目になって、後は日本シリーズで勝つのを期待するしかなくなった。でも、そうなるとあの監督が来年もやるのかと痛し痒しだが…
 野球との合わせ技での愛知県芸術劇場大ホール、オペラのマチネに野球のナイター、対極のエンタテインメントの祝日だ。

さて、この愛知県文化振興事業団プロデュースオペラ、二年前の「ホフマン物語」は結構お金をかけていたが、今回は節約ムードが漂っている。藤原歌劇団の二年前の舞台を持ってきたというのがちょっと淋しいが、キャストはずいぶん強力だ。主役3人がこの顔ぶれというのは期待が持てる。

しかし、少し前の読売のように四番バッターをずらりと並べても野球は勝てるとは限らないのと似て、オペラとしては残念な出来映えに終わった感が否めない。再演だし、歌い手の力量もあるのをよいことに、しっかりと舞台を作りあげる時間を欠いていたのではないだろうか。それが舞台上演の熱気の無さ、感銘度の薄さに繋がっているように思う。

ルチア:佐藤美枝子
 エドガルド:村上敏明
 エンリーコ:堀内康雄
 ライモンド:伊藤貴之
 アルトゥーロ:永井秀司
 アリーサ:福原寿美枝
 ノルマンノ:清水徹太郎
 合唱:AC合唱団
 管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団
 指揮:マッシモ・ザネッティ
 演出:岩田達宗
 愛知県芸術劇場大ホール

第1幕、堀内さん、佐藤さんは明らかに不調、堀内さんはヴェルディを歌うときの美しいカンタービレが影を潜めてしまっている。この役が合わないのか身についていないのか、歌がぎこちない。佐藤さんは後半に備えてセーブしているのだろうか、全く覇気が感じられない。それにルチアという人物をどう捉えているのだろう。陰々滅々、初めから死にかけのような人物に見える聞こえる。弱々しく生命力の感じられない女性、周りに翻弄されてなされるがままの存在という風情だ。まさか、そういう役づくりなのか。エドガルドとの二重唱では恋人との逢瀬のときめきが歌にあってよさそうなものを、終始一貫暗くて弱いのはどうしたことか。悲劇ではあっても、ヒロインの喜怒哀楽の振幅はあるのが当然なのに、まるで一本調子で詰まらない。

指揮者は凡庸以下、だらあーと間延びした音楽を垂れ流すかと思えば、意味不明にテンポを動かしたりオーケストラを鳴らしたり、これじゃ舞台の上もやりにくかろう。冒頭のコーラスは転け気味だったし、狂乱の場に至っては歌手に合わせたと言えば聞こえがいいが、オーケストラは弛緩しきっている。

コーラスは公募で集めた臨時編成のもの。5月から練習を開始し、8月から本格的に、9月に立ち稽古3回、舞台稽古2回、オケ合せを経て、舞台稽古2回、本稽古、ゲネプロというスケジュール、それらの手当総額が35000円、これでいいものを作れというのはちょっと無理かも知れない。なかなか厳しい舞台裏事情だ。その上、指揮者に振り回されて気の毒。最初はガタガタだったのが幕が進むにつれて落ち着いただけに。

コーラスがこれだけ苦労しているなら、キャストに名前が載る歌い手はもっと努力をすべきだろう。舞台作品なのだから一人ひとりがきちんとやれば済むというのではないはず。相互のインスパイアはからっきし感じられないし、それなくしてはオペラはヒートアップしない。

狂乱の場の佐藤さんは当り役ということもあって立派な歌唱と言えるのだが、オペラの中に置いて意味をなすという風ではなく、リサイタルでナンバーを取り上げるといった感じに近い。声の響き優先、歌いやすさ優先、ドラマは二の次、舞台に懸けるならさらに+αが必要だ。前述のとおりピットはアリアでは完全になりを潜めてというのもいただけない。

ただ一人、村上さんだけが気を吐いているというのもあるべき姿ではないだろう。些か力が入りすぎのところもあるが、他の二人の覇気のなさを補って余りある。輝かしい声は健在。とは言え、終幕の独り舞台が引き立つのは良いにしても、オペラ全体をそれに負わせるのは本末転倒でしかない。

表面的にはそつなくまとまっていて、佐藤さんの立派な歌も聴けて、ルチアを楽しめたという人も多いかも。不満たらたらなのはすれっからしのオペラファンだけかも知れないけど、何のために劇場に行くかに思いをいたしたとき、こんな上演ではフラストレーションが増すばかりだ。岩田さんの演出にしても、最近の低調気味の舞台を再現する価値があるとは思えない。せっかく名古屋まで足を運んだ開館20周年記念公演なのに残念なことだ。

さて、誕生日が同じ背番号6のTシャツに着替え、地下鉄で駆けつけたドーム。このカードではお馴染みの鎬合い、突然のエース骨折離脱があったり、久々のMVPの復帰登板での大歓声など、波乱の試合で贔屓チームが勝利を収めたのはよいが、代償が大きすぎる。とはいえ、ファンは諦めない。西武ライオンズが日本シリーズ進出を決めたら、上野(グルベローヴァの最後の舞台)と所沢の合わせ技になるかもなんて妄想をいだく。

ジャンルのトップメニューに戻る
inserted by FC2 system